本日は、商品撮影の効率化についてお伝えします。


ヤフオクの面倒な作業の一つに、
商品画像の撮影があります。

ヤフオクには、
Amazonのように商品のカタログページがないため、

出品の際に出品者が、
商品ページを作ります。

ヤフオク自体に出品テンプレートがあるので、
状態や個数、オークション期間等、
もろもろの必要項目を記入していけば、
ページを作ることができます。

任意で、画像3枚と商品説明を書くことができます。

この二つがないと、
ヤフオクではまともに商品が売れません。

Amazonの楽さを知っていれば知っているほど、
この作業は面倒で、

更々ヤフオクをする気には、
なれなくなってきます。

もう一つかなり気が滅入る作業があって、
取引ナビを使ったお客様とのやり取りなのですが、

大抵の方はこの三つが、
ヤフオクを断念する理由になっているようです。
※半自動の取引ができるようになりました。

逆を言えば、この三つの問題がクリアできれば、
ヤフオク出品がグンと身近なものになりますので、
以下に順を追って解説いたします。

ちなみに、Amazon出品を嫌いヤフオクメインで出品している人は、
Amazonの手数料の高さと、お客様の評価の厳しさが嫌なようです。
上記のことは、いずれ機会がありましたら解説させて頂きます。

それではまず、画像撮影なのですが、
基本的には、3枚撮影します。

商品の価格によって、
高額商品なら画像の枚数を増やすことで更なる売上UP!につなげられますし、
100円200円の商品なら1枚でもかまいません。


ですが、基本的には1商品につき3枚と覚えておいて下さい。

と言うことは、
10個の商品を出品する際は、
30枚の撮影と登録が必要になります。

これって、中々の重労働ですよね。

ここで、効率化と言うか、生産性向上術の出番になります。

ちょっと語弊があるかも知れませんが、
撮影に時間がかかるのは、
きれいに写そうとするからです。

構図を考えたり色々と向きを変えたり、
今いちだと思って撮り直しをしていたら、、、
それこそ日が暮れてしまいます。

ですので絶対に、きれいに撮ろうとしないで下さい。

写真撮影の大前提として、

1.明るいこと
2.ピンぼけしていないこと
3.撮り直しをしない


を心がけて下さい。

ただし、高額商品はこの限りではありません。

以下、実際のオペレーションです。
本を使って解説します。

少々長くなりますので、
続きはブログ記事でご覧下さい。

http://bookoffsedori.blog112.fc2.com/blog-entry-1365.html


ぜひ、ご参考下さい。

(-_☆)キラーン


ヤフオクに画像を3枚以上掲載するには、
外部サイトを使います。
ぼくも滅多に使わないので、
その方法はまたの機会にお伝えします。


ヤフオク講座の記事一覧は、こちら。
 ヤフオク入門(ヤフオク初心者ブログ講座)一覧