ヤフオク出品はできましたか?

出品さえできれば、後は落札を待つばかりです。
落札されれば、すぐに取引ナビでお取引の開始となります。

と言うことで、本日は、
落札に影響もしくは必要な、
いくつかの設定をしたいと思います。

任意のものなのですが、
簡単にできますので、ぜひ、設定してみて下さい。


プロフィール画像の変更

こちらでは、オークションページの出品者情報のところに表示できる、
画像を設定できます。

20160102-003

ただ…今のところスマホのみの表示だけで、
PCからはマイオークションでしか見ることができません。

ですが、スマホでオークションに参加している人は、比較的若い世代の人が多いので、
プロフィール画像の視覚効果は有効です。
ご自身のアバターとかをお持ちであれば、ぜひ、設定してみて下さい。
後は、好きな画像でもOK!です。
※画像には著作権がありますので、ご自身のもののみにして下さい。
何かしら設定されていれば、好感が持たれて、きっとオークションの落札に影響するでしょう。
ただし、相手が不快を感じるものは、逆効果ですので、やめた方がいいでしょう。


自己紹介の編集

この欄は、オプションから、自己紹介の内容を変更することができます。

20160102-002

自己紹介は、出品リストや評価一覧の切り替えタブのところに表示されています。

20160102-005

少し編集する場所がわかりにくいのが影響してか、
意外と未設定の方が多いようです。

未設定の方は、「自己紹介欄に何も記入していません。」と表示されているのですが、
何とも味気ないですね。

内容によっては、落札に影響することもありますので、
可能なら、設定することをおすすめします。
ぼくが良いと思うのは、そのまんまなのですが、自己紹介です。
個人が特定されるほど詳しく書く必要はありませんので、
簡単でいいので、あなたのことを書きましょう。

【例】
こんにちは、群馬県在住の子育て中の主婦です。
オークションには、主に不用品の出品になりますが、大切なものばかりですので、
ぜひ、お手にして頂けると嬉しいです。
ご質問があるようでしたら、遠慮なくお気軽のどうぞ。
子供が小さいため、発送までに少々お時間いただくこともありますが、
誠心誠意ご対応いたしますので、よろしくお願いいたします。


もしもあなたが業者でヤフオクを利用しているのなら、
特定商取引に関する表示が必要になります。

この表示がないと規約違反になりますので、
最悪の場合に、ID停止やIDの取り消し等になるかも知れません。

ですので、可能でしたら、ここに表示をして、
オークションページにその旨を記載するといいでしょう。
詳しくはヤフオク!ヘルプより、お問い合わせ下さい。


落札通知の編集

落札通知の編集では、オークション終了時、落札者へ自動で送られるメールに、
出品者からのメッセージをつけ加えることができます。
落札通知とは、オークションの落札者に自動的に送られるメールです。

出品した商品が落札されると、オークションシステムより落札者に、
落札通知が自動で送信されます。
このメールに、落札者よりのメッセージを載せることができます。

設定は、
オプション → 落札通知の編集、でおこなえます。

[落札通知の編集]に移動すると、下記画像の赤枠のテキストボックスに、
メッセージを入力できます。

20160102-001

かなり長い文章が書けますので、
「ご落札ありがとうございます」の感謝の気持ちと合わせて、
何か重要なことがありましたら記入するのがいいでしょう。

もしも、オークションページにマイルールが記載されているようでしたら、
そのことをメールでも再度お伝えするのもよろしいかと思います。

ちなみにぼくは、

1.評価不要の場合について
2.緊急の場合の連絡先


を載せていました。

1.評価不要の場合について
は、ヤフオクをしていると、たまに評価不要の落札者がいます。
ぼくは成年向けの商品も取り扱っていますので、
このような商品は、評価不要の場合が多くあります。
少ない量の出品でしたら、取引1件づつ対応していても問題はないのですが、
1日に10件20件の取引対応になると、
評価不要の場合の対応も大変になります。
落札者は取引ナビにて、評価不要の旨を記入していても、
相手から評価をもらったら、うっかり返信で評価してしまったなんてこともあります。
商品がアダルトDVDの場合は、商品名も評価一覧ページに表示されてしまいますので、
家族や会社の同僚がオークションブースを閲覧できるようなら、何とも気まずいことになるかと思います。
または…奥さんが、旦那さんに内緒で高額な商品を買ってしまったなんて言う時もあるでしょう。
そんな時に、評価不要の申し出をうっかり忘れてしまい、評価をしてしまったら…
確実に相手からはクレームになります。
この取引で「非常に良い」の評価をもらっていたとしても、
一変して「悪い」や「非常に悪い」の評価になりかねません。
ですので、評価不要の方については慎重にいくべきで、
評価不要の方の場合には、こちらが失敗しないようなルールがあるとリスクが軽減できます。

ぼくの場合は、
「評価不要の場合は、当方への評価も不要です。」と言うルールを儲けていました。

良い評価をみすみす逃すのは何とももったいないような気もしますが、
余計な労力や心配をしなくてすみますので、長い目で見ると効率化につながります。
何よりも、お客様にとっても安心材料になることと思います。

2.緊急の連絡先について
は、緊急の連絡先として、PCのメールアドレスと携帯のメールアドレスを記載していました。
ぼくは今までに、自分のアカウントでは4,000件の取引がありますが、
緊急の連絡は、数件程度です。
ただまあ、落札者様には、緊急の申し出が必要な時もあるようですので、
この緊急先の表示は、安心材料になるようです。

ただし、ヤフオクのお断り書きとして、
「個人情報などを記載しないようにご注意ください。」とあります。


ご参考下さい。

(-_☆)キラーン


ヤフオク講座の記事一覧は、こちら。
 ヤフオク入門(ヤフオク初心者ブログ講座)一覧