人はなぜ、ヤフオクをしないのか?
by ブックオフせどり


—————————–

本日は、ヤフオクの、
メリットデメリットについてお伝えします。

もちろん解説は、
出品する側のものになります。

それでは早速、見て下さい。

▼メリット
・オークション形式
・スマホで出品できる
・仕入先が沢山ある
・Amazonにカタログがない商品も出品できる
・売り方が自由で選べる
・相互評価
・手数料が安い
・もろもろ

▼デメリット
・出品が大変
・取引が面倒(※決済、他、)
・自己発送



デメリットが直接、
「ヤフオクをしない理由」になる方も多いかと思います。

要するに、このデメリットを何らかも方法で効率化すれば、
ヤフオクを収入のもう一つの柱として、
活用できるようになるでしょう。

と言うことで、
デメリットをもう少し詳しく見てみましょう。

※「メリットデメリット」は、
いずれ全て解説させて頂きます。


・出品が大変[デメリット]
ヤフオクはAmazonと比べると、
出品が少々面倒で時間がかかります。
その最大の原因が、商品画像の撮影です。
標準で1商品につき3枚撮影して登録する訳ですが、
100点の出品で300枚撮影することになります。
これはものすごく労力のいる作業です。

続いて、商品説明が挙げられます。
オークションには、
Amazonと違ってオークションの開催中期間と言う出品期間があります。
これは、商品を出品していることが出来る時間で、
最大で1週間の自動再出品3回です。
要するに、最大で1ヶ月は売りに出せます。
その間に落札されなかった商品は、オークションが終了します。
後、手動で再出品をすることが出来ます。

仮に定額出品(即決価格)であっても、
出品期間があります。
開催中に落札されなかった商品は再出品ができるのですが、
ヤフオクのシステムからは、
1品1品手動の出品になります。

ツールも何種類かあるのですが、
どれがよいツールかレビューが少なすぎて、
初心者の型が探し出すのは一苦労です。

また、ヤフオクがツールの使用をよく思っていないのか、
連続で使うと出品制限がかかる場合があります。


・取引が面倒(※決済、他、)[デメリット]
基本的にヤフオクは、落札後の支払いで、
取引はお客様との直接交渉になります。

このやり取りが面倒で嫌なんです…

Amazonは決済代行してくれますので、
決済についてお客様と相談する必要はありません。
ヤフオクもヤフーかんたん決済と言うのがあって利用できるのですが、
お客様がクレジットカードを持っていないと利用することができません。
また、カテゴリーによっては、ヤフーかんたん決済対象外のものもあります。
ですので、ヤフオクでの決済方法は基本的にはお客様と相談して決めます。
銀行振込の場合は、時間がかかるようでしたら、
振込予定日を決めますし当日は入金確認があります。
約束の日に入金がなければ、催促をしなければなりません。


・自己発送[デメリット]
Amazonも自己発送はありますが、FBAを利用すれば、発送はAmazonが代行してくれます。
FBAシステムは、ヤフオクの商品でも利用できるのですが、
個人の方は、発送は殆ど自分で行っています。


この講座はヤフオク初心者向けですので、
あまり突拍子もないことは書きませんが…

単純に、デメリットの項目を代行してくれる人や会社があれば、
ちっとも苦にならないと思いませんか?

そう言ったところにも、
稼ぎのヒントがあったりします。

こう言ったことは上級編として、
段階的に解説いたします。


本日は、ぜひ、
ヤフオクのメリットデメリットを、

ご参考下さい。

(-_☆)キラーン


ヤフオク講座の記事一覧は、こちら。
 ヤフオク入門(ヤフオク初心者ブログ講座)一覧