Amazonもそうですが、
ヤフオクも嫌いな人は嫌いで…

儲かると分かっているけど、
チャレンジする気になれない人が多くいます。

Amazonが嫌いな人は主に、
手数料の高さとお客様の評価が厳しすぎる点と、
もしかしたら、クレジットカードを使わなければならない点も問題のようです。

ヤフオクの場合は、
何と言っても出品の手間と個人間での取引でしょう。

最近では、アプリで出品や再出品が簡単にできたり、
かんたん取引ができるようになったりと便利にはなってきましたが、

それでもやっぱり、何かと面倒です。

出品したものによっては…

質問が頻繁にきたり、
落札後に中々お振り込み頂けなかったり、ついにお振り込みいただければなかったりと、
嫌なことが多くあったりもします。

ぼくは、最近はFBAに慣れてしまったので、
発送が大変で大変で仕方がありません!?

と言うようなところが、
敬遠される主な理由のようです。



ぼくはある時期に、
オークションとせどりの売上増大を見込んで、
大量仕入れ大量出品を掲げたのですが…

途端に手一杯になってしまい…

効率化も限界にきて、
作業も売上も頭打ちになったことがあります。

そんな時にとった苦肉の策が、
出品代行でした!?

当時は仕入れは結構順調でしたので、
出品と発送が滞らなけてば、
売上は伸ばせると直感的に思い、
その部分にアクションをかけました。

後にぼくはそれを、
オークションの3つのサイクルと呼んでいます。

※オークションの3つのサイクルにつきましては、
 また後でご紹介します。


それで、ぼくがかけたアクションが、

・出品代行アルバイトの募集
・出品代行(在宅)の募集
・出品代行業者の利用
・出品業務の委託
・発送業務の委託


です。


上記のアクションは、
うまくいったものとそうでなかったものとあるのですが、
文字数の関係で全てはお伝えできませんので、
おすすめのものをいくつかご紹介させて頂きます。

・出品代行業者の利用
オークション出品代行業者もピンからキリまであって、
「ヤフオフ」や「宅オク」のような大手もあれば、
個人の副業のようなところもあります。


大手は…
何気に出品手数料が高く…

1個@1、000円くらいの商品は、
相手にしてくれないのが現状です。


ぼくがお願いしたのは、
県内の個人の副業レベルのところです。

仕事もオークションも始めたばかりで、
最初は本当に、
こちらが教えながらですが大変だったのですが…
商品を取りに来てくれて、
もろもろの条件ものんでくれて、
案外重宝いたしました。

それで、ぼくがお願いした条件とは…
丸投げです!?

丸投げは…

月2回程度、自宅まで商品を取りに来てもらって、
買取って未整理の古本やおもちゃが入ったダンボールをその都度数箱渡して、
おまかせで売ってもらうと言うものです。

売れ残った商品や細くて出品できなかったものは、
リサイクルショップに売りに行ってもらって、
買取代金は山分けと言うことにしていました。

商品を取りに来てもらう時に、
それまでの分を清算してもらっていました。

この方法では、
月に手数料を支払って4~5万の現金収入になりました!


実は…

金目なものは自分で取り扱って、
その出品代行業者には、
面倒なものや不要なものばかりお願いしていたので…
結構楽して儲けさせてもらいました。

出品代行業者に頼むほどではないと言う方は、

家族や友人、
知り合いやご近所の人にお願いするのがいいですよ。

これらのことは、何かのヒントになりましたら、
ぜひ、実践してみて下さい。


金目なものは自分で取り扱ったと書きましたが…

これはこれで、発送が多くて面倒だったので、
発送だけはお金を払って代行してもらいました。

と言っても、ヤフオクの発送だけをしてくれる業者は市内・県内にはなかったので、
色々と模索して…

市内のNPOにお願いすることにしました。

元々は、そう言った団体が開催しているバザー等に顔をだしては、
転売用の商品を物色していたのですが、

ある時に、「身体障害者の子供たちの働く場所や仕事がない」と耳にして、
「これだ!」とキラーンと閃き、お願いすることとなりました。

よく調べてみたら、
そう言った子供たちの小規模な職業支援の作業所みたいなところは、
県内にいくつかあって、
アクセサリーや石鹸、お菓子等を手作りしては、
バザーや催事、イベント等で販売したり、
内職をしたりして僅かな収入を得ている実情でした。

季節の行事やイベント等では、
売上はそこそこいいとのことでしたが…

市の福祉センター等の常設の販売コーナーやたまに開催されるバザー等では、
売上は数千円と微々たるものだったり、

ボールペン組み立てやチラシをはさむ内職では、
1個当たりの収入が@1円以下で、

作業所に数人いる子供達のお給料は、
月に1,000円程度だと言うことでした。

それで…
迷わず発送業務だけをお願いすることにしました!

いずれは、その作業所で出品もできるようにすることを視野に入れつつ、
まずは発送だけをしてもらいました。

具体的には、注文のきた商品をぼくがピッキングして、
毎朝その作業所に運んで、

1.軽いクリーニング、
2.梱包、
3.発送(郵便局 or ヤマト集荷)


までをしてもらいました。

郵便局は近くのところまで出しにいってもらい、
ヤマトは、ぼくの条件で集荷に来てもらいました。

気になる作業のお値段は…

1個当たり、@18円でした!

本も小さいおもちゃも大きいおもちゃも、
一緒くたにしてこのお値段です。

最初は相場が分からなかったので、
様子を見て調整するつもりで20円、30円と言うことを申し出たのですが、
それでは高いと言うことで、

15円(相手の最終的な申し出)と20円(ぼくの最終的な申し出)の間を取って、
18円と言うことになりました!?

もちろん、
した梱包に使う封筒やテープや緩衝材等はこちら持ちです。


その後は、ささやかな気持ち…と言うことで、

売上の中から少しですが、ご寄付と言う形で還元させて頂いて、
子供達のお給料の足しにしてもらっています。


発送業務も出品代行と同じく、
携われる家族や知り合いの方、ご近居さんにお願いすると、
きっとことがうまく運びます。

ぼくはもう少しで取り扱い量が増えたら、
町内の老人会にもお願いしようかと思っています…


ご参考下さい。

(-_☆)キラーン


ヤフオク講座の記事一覧は、こちら。
 ヤフオク入門(ヤフオク初心者ブログ講座)一覧