絶版トミカは、箱でも見つけることができます。

現在トミカのパッケージは、
サック箱版(紙箱)とブリスターパック版の2種類ありますが、

スポンサードリンク



サック箱
http://amzn.to/2pQHHlw

ブリスターパック、
http://amzn.to/2qNAdgp

どう言う訳だかブリスターパックの方は人気がなく、あまり高値になりなせんので、
本レポートではスルーします。

絶版トミカ、高値になるトミカは、箱の形態と色で見つけることができます。

現在市販されているトミカは、赤と白の箱に入っています。
通称赤箱と言われていて、このカラー以外の箱の色が、絶版トミカあるいは、
後述する限定トミカになります。

以下に、箱ごとの特徴を掲載します。


【トミカ赤箱】

現在発売されている普通のトミカ。
トミカカタログに掲載されていない車種は、絶版になります。
絶版ですが、比較的新しい商品ですので、
そう高値にはなっていません。

【トミカ黒箱】

黒と黄色のカラーの箱です。
初期の頃に発売されたトミカの箱で、
日本製のものが殆どで、軒並み高値になっています。
後に当時のものにそっくりな復刻版が発売されましたが、
こちらは…絶版でもそれほど高値にはなっていません。
見分け方は、箱に「MADE IN CHINA」と明記されているのが復刻版です。
この復刻版は、かなりの確率で車のお腹にカビのようなサビの劣化があるものがありますので、
仕入れの際は要注意です。

【トミカ青箱】
青と白のカラーの箱です。
こちらは主に、イオンやイトーヨーカドー等で限定発売されているトミカの箱です。
トミカミュージアム等で販売されているトミカも限定版なのですが、
こちらは、箱に「トミカミュージアム」と書かれています。
青箱は、限定トミカと覚えておくといいでしょう。

【トミカ白箱】

こちらは主に、トミカくじ等のセットものをバラしたもので、
単品では市販されていないものが多いです。

これらの箱のカラーを目安にリサーチすれば、
高値のトミカを比較的簡単に見つけることができるはずです。

黒箱は、軒並みプレミア価格になっていますので、小売店での仕入れは困難です。
たまに、フリマや、40代前後の男性の方のご実家や知り合いの方の物置で見つかったりすることがあったりします。

知り合いがいるようでしたら、
それとなく探りを入れてみて下さい。


それで、箱なしトミカはどうするのかと申しますと…

箱なしトミカは、それほど高値にはならないと思われているらしく、
意外とスルーされていたりします。
また、箱なしだとトミカNoや車種も分からないと思われてもいるようで、
こう言ったこともスルーに拍車をかける要因になっています。

実は…車種やトミカナンバーは、車のお腹に書いてあったりします。
そして、絶版トミカ探しには欠かせない、「●●製」と言うことも書かれています。

賢明な読者様はもうお分かりかと思いますが、


そうです、
そうなんです!


「MADE IN CHINA」はスルーして、「MADE IN JAPAN」のみをひたすら探せば、
大金が入る確率がグントとUP!します。


【トミカセット】

後、意外にプレミアになりやすいのが、トミカセットです。
日本製、中国製に限らずに絶版ものは、
希少価値でプレミアになっているものが多いのですので、
狙い目だったりします。

トミカセットは、こんな感じのものです。
⇒ http://amzn.to/2qacURD

ご参考下さい。


以下は、ヤフオクでよく売れるものコーナーの一覧ページです。
 「ヤフオクでよく売れるもの」の一覧ページ