知り合いの電脳せどりツールどにぃの開発者の
プログラマーの川村さんが、

ぼくが発売した「0円せどりマニュアル」を
メルマガで紹介してくれましたので、

このブログに掲載させて頂きます。

スポンサードリンク



■■ 【0円せどりマニュアルのご紹介】

HNブックオフせどりさんという関東にお住まいのせどらーさんが居ます。
電脳せどりツールどにぃを作るきっかけとなり、アドバイスを受けている方です。


ブックオフせどりさんと出会って、今年で5年が経ちました。
2011年から電脳せどりツールどにぃを制作しているので、
月日があっというまに経つことに、驚きを隠せません。


その間に私も、所帯を持ちましたしね(*´ω`*)


それに脱サラしたりしたので、
まぁ、色々と人生の節目を迎えるわけですね。



5年というと、1825日の計算になります。
1800日という日数を過ごすのって、意識しなくても
日にちは過ぎていきますよね。

この過ぎていく時間を意識して過ごすか、
無関心なまま過ごすかで、かなり意識の差が出ると思います。


ただ、人間の意識は5年あれば変わるということは
言われてみて、言い得て妙ですが、


その意識の変化って自己成長ってことですね。
じゃあ、意識して自己成長をすることをせどりに当てはめた場合
何をすることが意識を高め、自己成長させるのでしょうか?


それは、「ニーズをつかむこと」この一言に尽きます。
これって真実に近いので、究極の答えと僕は思っています。


5年という月日に話と、「0円せどりマニュアル」の話に戻ると
せどり業界では、この5年で、色々な商材が販売されました。

「0円せどりマニュアル」もご多分に漏れずその一つではありますが
「ニーズをつかむこと」にフォーカスしたマニュアルなので
長期間活かせる知識が手に入ります。

そう、ブックオフせどりさんは長期的に稼ぐマインドを
不偏的な「ニーズ」を発掘するという発想の元

0円で仕入れるというトコロに着目をして、
せどりを実践&マニュアルを書き上げられました。


その方が書いたマニュアル教材が「0円せどりマニュアル」です。
それをつい先日、ブックオフせどりさんから頂きました。


ソフトウェアを開発して、いくつか納品をしているため
教材は、ギブアンドテイク的な考え方で、無料で提供をしていただきました。


さっそく、マニュアルの内容を自分のなかにインプットしてみたところ
結構面白い発見や気付きがあったので、メルマガ読者さんへシェアをしようと
思い、文章に起こしています。


面白かった情報を3つ紹介します。


①「◯◯◯◯◯◯◯◯◯の芯」

②「◯くず、◯片、端◯」

③「◯◯のチラシ」

がヤフオクで売れる!?


さて、◯の中にどんな言葉が入るか想像してください。

①の「◯◯◯◯◯◯◯◯◯の芯」では
◯は8個あります。

毎日、朝とか、夜寝る時とか、お風呂に入る前だとか
お酒を飲んでしばらくしたとき、とかにお世話になるとある個室に
ある備品ですよ。

そう、ちょっと想像してみてください。
朝起きる時・お風呂に入る前・・・一度どこかにはいりませんか?
人間が毎日欠かさず、することです^^

分かった人・分からなかった人が出て来ていますね。
いい感じです。

答えは、一番最後に書きます。


では②の「◯くず、◯片、端◯」は何が入るでしょうか?

◯くず?→紙くず?でしょうか?
藻くず?綿くず?

さて、なんでしょう^^

◯片→鉄片?紙片?

二文字ですよ、二時熟語、小学生でも知っている熟語です。

色々と思い浮かびませんか?
頭の体操・クロスワードパズルの要領で◯にはいる言葉を考えてください^^

最後に③の「◯◯のチラシ」
こちらは、2文字になります。

あいている箇所は2つなので


「お店」のチラシ。
「家電」のチラシ。
「食品」のチラシ。

色々と考えられますね。

ここまで、身の回りの0円のものとせどりで販売できるものを
結びつけてもらうように意識して考えてもらいました。

意外と◯◯に入る言葉とか思いつくものでしょう?
そうじゃなかったですか?

思いつく数が多ければ多いほどそれに越したことはありません。
そもそも、ニーズを読むこと、価格があがりそうなものを
見つけることがせどりでは大切なんです。

それを考える格好の機会だったので
簡単なワークをしてみました^^

そんなこんなで、回答を書きますね。

【答え】
①「トイレットペーパーの芯」
②「木くず、木片、端材」
③「映画のチラシ」


上記3つ挙げたとおり、このようなものが0円でしかも
ヤフオクに出品するだけで、利益を生んでくれる。

そんな仕入れって聞いたことがありますか?
聞かないまでも、思いついて実践している人ってどれくらいいるんでしょうか?

販売するものと仕入れをするもの(売るものは本とかCD・DVD・ゲームといったもの)に

意識がひっぱられて、他の商品(0円で仕入れれるモノ)も売れるんだという
発想の転換を余儀なくされるかと思います→「0円せどりマニュアル」


ここまで紹介した3つの0円で仕入れることができるものは
教材の中では更に詳しく解説が書かれております。


仕入れ方は■■という方法で、そして売るときは●●で!
といった具合で書かれています。


実践できるなと思ったので、私、実践しようと思います!


マニュアル全体を読んだ感想は、
これまで業界で紹介されているせどりの仕入れの概念を
ごろっと入替えて読まないと、「なるほど」という自分への納得感は得られない
という感想を持ちました。


もうすこし詳細な感想を話すと
教材の中には、普段の生活で目にしている製品の端材に意識を向けてみて
それを売る為のマインドのブロックを外すような仕掛けが随所にあります。


そしたら、その端材にもニーズが沢山あって、そのニーズをいかに
自分で発見をするのか、そしてニーズを利益に変換できるかが
とても重要という教訓がかかれていました。


その教訓を読むことで、「発想の転換」、「目のつけどころ」、「ニーズ探し」
という意識に向け、新しい販売商品が見つかるんだということを、僕は学びました。


今日は、マニュアルの件に関しては、ここまでの内容でとどめておこうと思います。
続きはまた後日ということで、お楽しみに!

原価0円、仕入れタダ、無料で稼ぐ!0円せどりマニュアル
http://tinyurl.com/ofc9qw5


川村さん、どうもありがとうございました!